上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
久しぶりにサークルの方の更新。
ていうかこれがないと本当に何のブログかわからなくなる。

1SP用サークルカット

はい!というわけで紅楼夢のサークルカットです!
今回は、絵心がマイナス値を示している俺ではサークルカットを描くなど
到底不可能なことなので、当選すればジャケット絵も担当してもらう予定の
ナカジョーさん(http://www.pixiv.net/member.php?id=99947)に
無理を言って描いて頂きました!忙しい中本当にありがとうございます!

ここまでやってもらうからには、こちらももう後には引けません。
俄然やる気が出てまいりました。
後は受かってくれることを祈るだけ!

2010.06.02 / Top↑
洗礼
今日の一枚:前田「増井、よう見とけ。これがプロじゃ」

先発マエケンも2-2の引き分け!
しかし、日ハム相手に交流戦初の勝ち越し!

いやー、今日は中々ハラハラ、そしてイライラする試合でした。
さすがに延長12回引き分けとなると、結構精神的に疲れます。
というわけで、心底つかれたので今日は三行まとめだけで


ノムケン
大野
死ね!




以上です。
2010.06.02 / Top↑
コロンビア
今日の一枚:梵「コ ロ ン ビ ア」

5-4!大竹復帰初戦を逆転勝利で飾る!
初回に3点取られたときは諦めかけましたが、気がついてみれば逆転勝利!
まあ、いいことばかりではありませんでしたが、大竹復帰初戦を勝利で飾れたのでなによりです。
それではまとめに。

今日の広島三行まとめ

復ッ活ッ 大竹寛復活ッ!大竹寛復活ッ!大竹寛復活ッ!大竹寛復活ッ!大竹寛復活ッ!
勝:梵 セーブ:梵 ホールド:廣瀬 負:岸本
采配についてはもう知らん

まず最初の大竹。今日は肩の違和感から復帰して久々の登板ということで、
不安と期待が入り混じる先発マウンドとなりましたが、
帰ってきた大竹は以前とは別人のようになっていました。
MAX150以上を誇っていたストレートは、初回の時点で140出ないありさま。
おまけに、しきりに肩を気にしながらのピッチング。嫌な予感の方が的中しました。
初回からいきなり3失点。去年のこの時期、43イニング連続無失点という球団記録を
作った男の姿はは、今はどこにもありませんでした・・・
ここで私はもうあきらめモードに入ります。
こんな状態の大竹を見ているのが辛かったというのが一番の理由ですが・・・
しかし、やはりというかなんというか、大竹寛という投手はエースでした。
初回の問題点を2回からすぐに修正。変化球で打たせて取るピッチングに切り替え、
結果7回3失点と、結果QSを達成しました。
球速も最速で144kmと、本来の状態には程遠いものがありましたが、
これから先も期待できる内容なピッチングでした。
ただし、まだ肩の状態が万全ではないので、無理だけはしないで投げていってほしいものです。

お次はわかりにくいかもしれませんが、今日のMVP(+戦犯)です。
梵は、打っては決勝打となるタイムリーツーベース、
守っては、9回裏ツーアウト3塁の一打同点の場面、超ファインプレーで試合を終わらせ、
実質勝ち投手・セーブ投手と言ってもいい活躍を見せました。
廣瀬は、その強肩を抑止力とし、中盤1点取られると一気に流れが持っていかれる状況で
本塁ベースを踏まさず。まさにホールドと同じ内容。
そして問題が本日の勝ち投手岸本。
8回に中継ぎとして登板し、ポンポンと2アウトを取ったところまでは良かったのですが、
三人目の陽に、超超超甘い球をど真ん中に投げ呆気無く被弾。
大竹についていた勝利投手の権利を消し、その後梵が決勝打。結果勝利投手になってしまいます。
いやまあ、岸本が全部悪いというわけではないんですけどね。どちらかというと悪いのは、
あの場面で岸本を出したノムケンと大野です。間違いない。

はい、というわけで最後のコレ。ホント学習しませんな、コイツらは。
先日の楽天戦でも、2点リードの場面で何故か林を出し、結果は逆転負け。
今日は勝ったからいいようなものの、何故そこで岸本を出すよ。
ベイルが居るじゃん。あいつ結果出してるじゃん。お前らそこまでベイル嫌いか?
お前らの意味分からん思いつきでやった采配が当たった試しあるか?無いだろ。
あっても本当に偶然ハマったことくらいで、実績なんかありゃしない。
それでも繰り返すってことは、いよいよ学習能力が無いとしか思えませんよ。
まあ、もうこの話はさんざんしてきたんで、今更とやかく言いません。
ひとつだけ言えることは、僕の大好きだったカープの英雄、
野村謙二郎と大野豊は、もうどこにも居ないということだけです・・・

さて、大竹も復帰して連敗も脱出。更に明日はマエケン先発予定と、
割と明るいニュースが多くなってきました。
後は、シュルツが帰ってきて野手陣の打撃の調子が上がってくれば、
今シーズン最高の状態になると思います。そいつは贅沢言い過ぎか。

あ、それと6月5日、ズムスタである交流戦を見に行きます。
相手は前回見に行って負けに負けたソフトバンクですが、
今度こそ勝利の美酒を味わいたい!
明日もあさってもその次も、カープは勝ーち勝ーち勝っち勝ち♪

2010.06.02 / Top↑
ある意味その通り過ぎて
今日の一枚:ブラウンさんの言うとおり!

2-4で敗北!楽天戦4連敗!
とうとう今年の交流戦では一度も楽天に勝つことができませんでした。
皮肉にも、はっきりと現監督と前監督の優劣がつく形に。
それではまとめに。

今日の広島三行まとめ

びっくりするほど広島カープ!
ペローン復帰も不完全(?)
おかえり去年の天谷と4月の栗原

まず最初。今日は打線は非常によく打ちました。
梵の猛打賞を含む12安打。しかも相手はあの田中将大。
だが、問題はそこではなかった・・・
12本のヒットに対して得点たったの2!
もうね・・・なんというか
「びっくりするほど広島カープ!!」としか言いようの無い残塁祭りでした。
田中の方も、コントロールが定まらなかったり、スライダーのキレがなかったりと、
決していい状態とは言えなかったのですが・・・
肝心のところで石原がゲッツーしたり栗原が三振したり・・・
今日は完全にあの二人がブレーキでした。
どうにもかみ合わない感じなのが心残りです・・・

次にペローン。ずっと前から「明日先発」と言い続けて何時まで経っても現実にならず・・・
しかし、今日やっと先発に起用されました。が・・・
残念なことに状態はあまりいいものとは言えませんでした。
5回を投げて4失点。
立ち上がりこそ制球に苦しみ1点を失ったものの、2回3回は先程とは別人のようなピッチング。
しかし、それ以降がいけませんでした。
4,5回には、どちらも2アウトの状況からそれぞれ2,1失点で降板。
ああいったことをしているというのは、まだ本調子ではないんでしょうね・・・
これからの復調したいところです。

最後の二人。なんというかそのままです。
天谷は昨日岩隈からホームランを打ってから、明らかに何かが変わった気がします。
今日は2安打1四球。最後は不運な当たりのダブルプレーでしたが、
基本的にはいいバッティングができていたんじゃないかと思います。
そして栗原。5月初めには9試合連続マルチ安打等、月間MVPもあるんじゃないかと、
ある意味こちらをハラハラさせてくれた栗原ですが、今日は4タコ。
3割にいきそうだった打率もどんどん落ちてきて、.250を下回るのも時間の問題ではないかと・・・
選手の覚醒が長続きしませんな・・・お前ら梵や廣瀬を見習えよと。

さて、交流戦の折り返しにスタートダッシュを切れるかと思いきや2連敗。
借金もとうとう11まで増えてしまいました。
ノムケン采配も相変わらずで、今日も動くべきところで動かずにチャンスを潰すことばかり。
結局何も学習してないような気がします。
やっぱりブラウン待望論が消えません。いや、割とマジで。

ただ、暗いニュースばかりではありません。
去年ウチの先発三本柱として活躍した大竹がもうすぐ復帰予定とのこと。
先日2軍でも無双していたようですし、復帰すればかなり期待できそうです。

とにかく、気持ちを切り替えて明後日からの日ハム戦で取り返してもらいたいと思います。

鯉のぼりの季節は終わったけどこれから頑張れカープ!!
2010.05.30 / Top↑
えっ
今日の一枚:天谷「うそ?入った?」

2-3でサヨナラ負け
しかし問題はそんな生易しいことではない

今日のせあそんは半ばキレ気味です。
とりあえずまとめから

今日の広島三行まとめ

スタルツナイスピッチ!
永川劇場復活
ノムケン大野氏ね

最初のスタルツ。今日は見事なピッチングでした。球数こそ多かったですが、
7回投げて無失点。もう完全に信頼できる先発と言っていいでしょう。
これからはこの調子を維持してもらいたいものです。

お次は永川。昨日から一軍に合流した彼ですが、復帰直後にやってくれました。
9回裏の場面に登板。先頭打者の鉄平にいきなりヒットを打たれ、アウトを一つとった後
連続四球で満塁に。そして最後には嶋にサヨナラヒットを打たれました。
なんというか、久しぶりに胃薬が欲しくなる展開で、
「ああ、永川が帰ってきたんだなぁ」と、ある意味しみじみしてしまいました。
でも、今日は永川を攻めることはできないのです。
その理由が最後の、わざわざ赤文字で書いたコレのせいだから・・・

もう今日は腸が煮えくり返るかと思いましたね。ええ。
天谷が岩隈から2ランホームランを打ち、カープは押せ押せムード
スタルツも7回を完璧に抑えて、さあ8回から誰が登板するのかという場面。
スレの予想ではベイル、梅津あたりが出てきて最後横山に任せるんだろうというところでした。
しかし、出てきたのは林。
確かに林は防御率こそ.000ですが、それはあくまで自責点がないだけのこと。
それに出てくる試合は大体敗戦処理の場面でした。
あの瞬間、流石に「(゚Д゚)ハァ?」と、リアルで言ってしまいましたね。
そして、結果は連打でボロボロ。その直後にベイルが出てきました。これも意味がわからない。
そこでベイルを使うんなら最初から使っとけよと。もう訳が分からない。
そして、ベイルは鉄平のゴロで1点を失ってしまいます。
更に訳がわからないのがこの後。1球しか投げてないベイルを降板させる。
もう呆れてモノが言えなくなりましたね・・・何考えてんだよと・・・
で、結局同点に追いつかれ、10回裏のサヨナラを演出してしまう訳です。

サヨナラの原因となった永川も、怪我から復帰したばかりで、どうみても調整不足。
数日前も2軍で投げていたときにペタジーニから3ランを浴びているのです。
そんな状態の永川を使わざるを得ない状況にしたのも、全ては8回裏の継投。
そもそも、最初からベイル-横山でいっていたら失点すらしていなかったかもしれない。
まあ、それはあくまで「もし」の世界の話なのでなんとも言えませんが・・・

結果的に、今日は勝てる試合を逃してしまった訳です。
スタルツの好投も、天谷の2ランも全てパァ。
なんというか、ため息ばかり出てしまう試合でした。

さて、散々愚痴ってしまってすみません。
今日の試合はもう仕方ない事として、明日以降に切り替えていきたいと思います。

ノムケンと大野が一刻も早く目を覚ますことを信じて。

お目汚し失礼しました

2010.05.29 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。